日本人の食生活を知る

日本人の食生活を知る

日本人の食生活を知る 大腸がん患者数が激増していることもあって、ここ最近食物繊維に注目が集まっています。食物繊維は明らかに大腸がんの発生を抑制します。1日に20gの食物繊維を摂取することが望ましいですが、現在の日本人は平均で16gしか摂取していません。大腸がん患者が増えてきているのも納得です。食物繊維を20g以上摂取するには、1日に5品目から9品目の果物や野菜を食べる必要があります。これを続けるのはなかなか大変かもしれません。なので、果物や野菜をジュースにして飲みましょう。食生活の工夫をすることで、摂取を楽にすることができます。

しかし、毎食ジュースではいけません。朝はジュースで構いませんが。昼や夜は普通に果物と野菜を摂取したいところです。また、塩分の摂りすぎは、生活習慣病のリスクを高めると言うことが知られています。日本には和食があり、和食を中心にすれば大丈夫と思われがちですが、そうでもありません。日本の食文化として、漬物やしょう油やみそ、塩味の焼き魚などを摂ることが多いです。諸外国よりも塩分摂取量は多くなりやすいと言えるでしょう。和食と言っても、しょう油やみそはなるべく使用しないようにしなければいけません。

オススメワード

Copyright (C)2019日本人の食生活を知る.All rights reserved.